読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長期資産運用でじっくりと資産を殖やすために。

長期的に年10%利回りを目指す人のためのブログ。長期資産運用。

ブログ引越ししました! 新サイトはこちらです。
お手数ですがブックマークのし直しをお願い致します!

高配当利回りで安定している企業を探してみた

昨日の日経ヴェリタスに載っていた、

 「3月期決算企業で時価総額500億円以上の配当利回りの高い企業」

の中から、いくつかよさそうなものを抽出してみました。

今回は「兼松エレクトロニクス」について書きます。

 

兼松エレクトロニクス

現在の株価は、1,993円。

予想配当は、70円ですので、利回りは約3.5%と好配当です。

四季報の企業概要によると、

【特色】兼松傘下のITベンダー。仮想化ビジネスを中心にITインフラの構築、保守、運用を手掛ける

 

業績は右肩上がり

 業績を見てみますと、以下の通り、一株当たり利益(EPS)は右肩上がりとなっており、いい感じ!

 

f:id:kennylife:20151123202249p:plain

 

配当に積極的な企業

また、過去のデータを見ますと、増配を繰り返している企業であることもわかります。

以下のデータは少し古いですが、現在の配当が70円を予定していることから、積極的に増配する企業と言えます。

f:id:kennylife:20151123203504p:plain

 

安定的

次に、企業の安定性についてみてみましょう。

貸借対照表を見てみると、資産の中で流動資産が占める割合がおおきく、特に現金が占める割合は、「53%」もあります!

自己資本比率も70%を超えているところからも、非常に有事に強い企業と言えそうです。

一方で、投資キャッシュフローが営業キャッシュフローを大きく上回るマイナスとなっている点は少し気になります。

 

割安感はいまいち

割安感を表すPERを見てみますと、13.6倍となっています。

過去には10倍を切るときもあり、現在の株価は割安とは言えない状態です。

市場全体として、PERは数年前に比べると大きくなっているとはいえ、もう少し株価が下がるとき、目安としては、配当利回りが4%を超えたときが過去のデータから見ても買い時という判断です。

ただ、総じて良い企業に感じました。

 

では。