長期資産運用でじっくりと資産を殖やすために。

長期的に年10%利回りを目指す人のためのブログ。長期資産運用。

ブログ引越ししました! 新サイトはこちらです。
お手数ですがブックマークのし直しをお願い致します!

不動産投資という選択肢とその動機

ここ2か月ほど、不動産投資について調べています。

今まで、私が手を付けたことがある金融資産はざっくり以下の通り。

  - 個別日本株

  - 投資信託

  - FX

今の資産は主に個別日本株投資信託で構成されています。

REIT投資信託の定期積立で毎月買い付けていますが、実物資産としての不動産投資は知ってはいましたが、手を付けたこともないですし、検討しようとも思ったことがありませんでした。

 

きっかけは会社の上司

「不動産投資=莫大なお金が必要」というイメージがどうしてもあり、知らず知らずのうちに投資対象から外していました。

そんな私が興味を持ったきっかけは、会社の上司です。

たまたま、その上司と雑談をする機会があり不動産投資をしていることを知りました。彼はワンルームマンションをいくつか所有しているとのこと。

それを聞いてから、「あー、普通のサラリーマンでも不動産投資ってできるんだ!」と思いました。

よく考えたら、かなーり昔に「金持ち父さん、貧乏父さん」は読んだこともあり、当時関心を持った記憶も合わさり、とりあえず調べてみるか、と。

 

不動産を見に行ってみた

興味を持ってからは、まずはインターネットで徹底的に調べました。

不動産投資は思った以上にメジャーな投資対象となっており、物件を簡単にネットで探すことができることも知りました。(あまりいい物件はネットに出ないとかいう話もありますが。)

また、上司と同じようなサラリーマン大家さんもとても多いです。

華麗な成功談から、絶対経験したくないような失敗談まで情報を得ることもできます。

 

次に、本屋で不動産投資関連の本を数冊読んでみました。今は不動産投資に関する本はたくさん出回っていて、専用のコーナーがある本屋も多いですね。もちろん、ブックオフに行けば安く色んな本を入手できました。

 

なんとなくインターネットと本で概要はつかめたので、セミナーに行ったり不動産屋に足を運んだりして、実際の投資物件を見せてもらったりもしました。

見せてもらったのは、およそ9000万円の木造アパートで、築5年程度の綺麗な物件!

ただ、物件を実際に見てみても「おー、なるほどー。うーん、これはいいのか?悪いのか?」とよく見るべきポイントが分からず(^^;)

この点はまだまだ勉強が足りないと思いつつも、「自分に良いか悪いか分からないということは、入居者もそこまで理解してから家を決めているわけではないんじゃないか。」とも思っています。つまりは、物件購入価格やローンの返済、税金の計算さえしっかりやっていれば、ある程度まわせて行けるかなとも感じています。(危なっかしいか笑)

ただ、実際ネットにある失敗談を見ると、たいてい購入後のお金の流れに関する勉強が足りなかったケースです。税金やローンの計算が甘かった、というようなものです。

  

不動産投資を行う動機

不動産投資について調べてみて、今までの投資対象と異なり、特に面白いと感じた点は大きく三つです。

 1.不動産投資は事業である。

 2.目に見える実物資産を手に入れられる。

 3.すべての物件が異なる。

 

まず、不動産投資は事業であるといえます。

株式投資や投資信託のようなものは、税金や控除について考える必要はあまりありませんが(無いとは言いませんよ!)、不動産投資においてはこれらの要素が非常に大きなファクターになります。

さらには、ローンの年数や金利といった要素も重要です。

収入だけを見ると、増えているのにローンや税金を加味するとマイナスの計算!なんてこと容易にあり得ます。

加えて、事業としての決定・判断が必要になります。例えば、どのような出口を迎えるべきか、不動産投資の拡大をどの程度の速さで行うか、区分・一棟物件どちらが自分に合うのか、などなど、上げるときりがありません。

これらは正直面倒ですし、手間も非常にかかります。が、その分勉強できることも多く、しかも自分の判断がそのまま利益につながるため、ビジネスマンとしてお金以外に得られるものが多いと思っています。

 

続いて、不動産は目に見える実物資産であるという点。

当たり前ですが、証券会社を通して購入する株や投資信託は、名義上は投資している会社の一部を所有していると言えるのかもしれませんが、はっきり言って実感ないですよね。

一方、不動産は購入すれば見て、触って感じることができます。

そういう点で、満足感!がある、というだけです。。。

自分だけの資産になるということは、当然、地震や火事によってそれを一気に失うリスクもあるという点は忘れてはいけません。

 

最後に、不動産はすべての物件が異なるという点です。

この世に全く同じ物件は二つとありません。すべての物件が言葉のとおり、唯一の存在と言えます。宝探しをするように物件を探せるところは非常に面白いです。

また、投資手法の正解は一つではありません。地方の古い物件を安く購入して綺麗にして満室経営するのも、都心の綺麗な物件を購入して安定的に収入を得るのも、成功するための道筋は山ほどあるといえます。

だからこそ、ずっと勉強が必要ともいえるでしょう。今は上手くいっていても、数年後には上手くいかない手法になる可能性もあります。この点は株式でも同じですね。

 

たらたらと偉そうに書きましたが、まだ物件を買ったわけではありません。

また、不動産投資をやると決めたわけでもありません。

ただ、暫くは勉強を続けていくつもりです。選択肢として勉強することは悪いことではないと思います!

 

では。

広告を非表示にする